ETCカードの基本的な使い方は?

ETCカードは“ただ持っているだけ”では、宝の持ち腐れになります。

まず高速道路で使ってみましょう。

それは簡単にクリアできます。

次に上手な活用法についてもスタートさせましょう。

活用法の概略を記述します。

■ETCカードの高速道路での使い方・注意事項。

ETCカードを初めて使う場合には、取り付けた車載器にETCカードがしっかり挿入されたことを確認しましょう。

その癖をつけることが大事です。

挿入されていないとETC料金所の開閉バーが開きません。

またETCカード、ETCカード付きクレジットカードには有効期限がありますので、一応の確認はしておきましょう。

高速道路を走行して料金所に近づいたら、利用可能なETC専用レーンを探して車列の後ろにつきます。

車間距離をとりつつ時速20㎞以下で料金所に入ることが最大のポイントです。

「スルーだから」「無人だから」といって徐行しなければ、事故につながる恐れがあります。

料金所には「路側表示器」がありますので、表示内容を確認してください。

ETC開閉バーの動作を確認できたら通行可能です。

■高速道路以外でETCカードを上手に活用する方法。

提携するクレジットカード会社によっては、ハワイ観光などで、現地のショップで提示するだけで割引特典が受けられるカードもあります。

海外・国内旅行の業務を主体にしている航空会社系、旅行社系、昔からある信販系のカードなどに多く見られます。

またインターチェンジを下りた道路沿いの観光スポットなどに立ち寄れば、土産物の購入や博物館・水族館などの入館料が割引になるサービスもあります。

さらに電気代やガス代、水道代などの公共料金がトクになるETCカード付きのクレジットカードも人気です。

このカードを使って公共料金の支払いをすれば、その分のポイントが貯まっておトクになる仕組みです。

同様の利用法でトクになるクレジットカードは各社各様に用意されていますので、特典・割引などは詳細に確かめておきましょう。

「前払割引最大13.8%OFF」、「通勤割引最大50%OFF」、「早朝夜間割引最大50%OFF」、「深夜割引最大30%OFF」、「マイレージサービス最大13.8%OFF」などの特典は見逃さずに活用しましょう!

■ETCカードの利用履歴など照会サービスについて。

ETCカードを使った高速道路の利用料金は、クレジットカード会社から毎月送られてくる請求書の「有料道路利用明細」、あるいは「通行履歴」などとともに確認することができます。

この明細書は「ドライブや旅行の記録にもなる」ということで、ETCカードの多くの利用者が思い出としても活用されています。

また請求書だけではなく、インターネットでも随時照会することが可能です。

ID登録を行なったうえで、サイト運営者から送信されてくる「管理番号」などを使って照会します。

好きなとき、必要なタイミングで紹介できるので便利です。

■ETCカードは「持ったら使う」、「使うなら上手に使う」が達人の極意です。

むずかしいことでも面倒なことでもないので実践してみましょう。

ETCカードは、ETCマイレージサービスをはじめ、利用することの特典やオトクな割引サービスは多方面にわたっています。

▼Check!>>ETCマイレージサービス/ポイント・還元額(無料通行分)について/ご質問(Q&A)

高速道路を割引きで利用したり、家庭の水道光熱費をおトクにしたり、海外国内旅行での宿泊や買い物でもおトクパワーを発揮してくれるのがETCカードです。

カード使いの達人はいっぱいいますが、使いこなすことはむずかしいことではありません。

まずETCカードデビューを果たしてみましょう。