ETCカードに関係した費用はどれくらい?

ETCカードを使うためのETC車載器ですが、関連する初期コストやランニングコストはどれくらいなのでしょうか。

ETCカードの発行手数料なども含め、全体のコストを考えてみましょう。

■初期費用は「セットアップ料金」と「取り付け費用」。

ETC車載器を車に取り付ける費用はいったいいくら必要になるのか?不安になる人も多いと思いますが、ETCカードが普及したいまでは、車載器そのものの価格もグーンと下がりました。

ちなみに初期費用で必要になるのは、車載器とは別に「セットアップ料金」と「取り付け費用」です。

セットアップ料金とは使用するETC車載器に、交信に必要な基本情報を入力していくための作業代。

取り付け費用は、車の中の設置場所を決めて配線や交信テストを行っていく作業代です。

正常に作動することが確認できれば、高速道路ETC専用レーンの料金所を利用できるようになります。

■「セットアップ料金」と「取り付け費用」で約7,000円。

このETC車載器のセットアップや取り付け費用は、車載器を販売しているショップによって異なります。

相場としてはセットアップが2,000円-3,000円。

取り付け費用が4,000円前後です。

2つあわせて7,000円くらいを見込んでおけば間違いないでしょう。

この2つのコストのうち、取り付け工事などは簡単な配線程度なので自分でもできます。

しかしセットアップは特別なノウハウと技術が必要になるため、プロでないとできません。

節約したい人はセットアップだけを車載器購入店に申込みましょう。

■「ETC車載器+セットアップ+取り付け費用」のコミコミ価格。

セットアップや取り付けの手配を省略して節約にもつなげたい人は、ネットの価格比較サイトなどを検索すると便利です。

ETC車載器とセットアップ、取り付け費用をセットにした“コミコミ価格” の製品が売り出されていて、安価なものではコミコミで1万円前後、高価なものでも1.3-1.5万円程度です。

「ETC車載器本体+取り付け費用+セットアップ料金」を活用して楽々コストカットを実現しましょう。

■ETC車載器を取り付けてしまえば、ETCカードの発行手数料や入会金・年会費などはほとんどのクレジットカード会社がゼロ。

恩恵だけを受けられる感じです。

「ETC車載器本体+取り付け費用+セットアップ料金」以外に必要になるものといえばETCカードです。

この費用として考えられるのは、初回のカード発行費用や入会金、年会費といったもの。

しかしクレジットカード会社のETCカード申込み条件を調べてみると、発行手数料・入会金、年会費を必要としているETCカードはごくわずかです。

昔からある銀行系の海外資本のカードは、それでETCカードを申し込むと年会費を請求されます。

大手流通業(スーパー、量販店、通販)が母体になっている流通系・信販系のETCカードは間違いなく全無料で、初期コストもランニングコストもかかりません。

むしろタダでクレジット決済機能付きのETCカードを所有して、ポイント還元やETC割引、ETCマイレージサービスなどの恩恵だけを受けられると解釈してもいいほどです。